なみよせブログ

梅雨時でも紫外線に注意!

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
自律神経の乱れ、かすれ目、疲れ目が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
 
こんにちは。岩瀬 康典です。
 
今日はこの時期気をつけたい紫外線についてです。
 
いよいよ各地で梅雨が始まりした。梅雨どきはジメジメして皮膚トラブルが増えがちなど、気がかりなことが多い時季です。さらに気がかりなのが紫外線。今すぐにでも、対策を始めなければなりません。
 
①夏からでは手遅れになる紫外線対策
紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種類があり、UV-Aはシワやたるみの原因に、UV-Bはシミやソバカスの原因になると言います。
5月、6月に多いのは、シワやたるみの原因になるUV-A。真夏に威力を発揮するUV-Bよりエネルギーは弱いものの、地上に降り注ぐ量の多さから、肌に大きな影響を及ぼします。
 
②家の中でのうっかり日焼けに要注意
5月、6月に多いUV-Aが怖いのは、窓ガラスを通り抜けてしまうこと。UVカット加工をしていない窓ガラスの近くでは、家の中でも思わぬ日焼けをしてしまいます。
暖かくなってくると、どうしても軽装になって肌の露出が多くなります。家の中であっても、晴れた日の外出と変わらない紫外線対策を心がけるとよいでしょう。
 
③曇天も危険! 雲はUVをカットしきれない
曇りの日は、雲で日差しが遮られるため、紫外線が弱まるように感じます。
しかし観測データを見ると、曇天時のUV-Bは、晴天時の半分ほどしか地上に届いていないものの、UV-Aは曇天時でも晴天時の75%が私たちの肌に届いているデータも。
UV-Aは肌の奥にある真皮まで到達し、肌の弾力を低下させて老化現象を引き起こすと言われています。
 
当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
 
筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
 
また足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、諸アレルギーに効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
 
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!