なみよせブログ

捻挫の応急処置について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。

肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の東区、中区、緑区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは!柔道整復師の柘植智行です。今日は、捻挫の応急処置について書きます。

◎足関節捻挫は、内反捻挫が多く足関節の外側側副靭帯の損傷です。
受傷後は患部の痛みや軟部組織の腫れ発赤が出現します。

◎RICE療法

R Rest    安静
   炎症を抑える。

I    Ice      冷却
  腫れを抑える。

C     Compression  圧迫
  弾性包帯などで圧迫し腫れ
  の軽減をさせる。

E Elevation 挙上
  足を高い位置にし、
  腫れを軽減させる。

◎適切に治療をすることで早期のスポーツの復帰が出来るようになります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)

GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍

国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい。