なみよせブログ

血行不良の鍼灸について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は血行不良について書きます。
血流が体の隅々まで行き渡らない状態の事をいいます。血液は酸素や栄養を細胞に運び二酸化炭素や老廃物を腎臓などに運ぶ役割があり流れが悪くなると、そういう機能が低下していきます。疲れがとれない、肩コリが頻発に起こる、体が冷えるとか便秘がちになるなど様々な症状が起こります。
原因としては運動不足、ストレス、喫煙などです。
対策としては適度な運動で筋肉を動かす、お風呂はしっかり湯船につかり全身を温める事やカイロや温熱シップなどで体を温める、食事によってビタミン類を多く食べる事も有効で豆類やゴマ、レバー、ネギ類は血行を良くします。
効くツボは内くるぶしの高いところから上がる事平野指四本分の三陰交、手の親指と人差し指の付け根の合谷、手のひらの真ん中の労宮の指圧、鍼灸はいいですよ。
スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。