なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は悪酔いについて書きます。飲酒の際、吐き気や頭痛などのマイナス症状の一つです。比較的に短時間に症状が現れる症状で、おおよそ2時間位の経過で現れます。血中のアセトアルデヒドという物質が関係していて濃度が濃くなると症状が出始めます。
原因としてアルコールは肝臓で処理されアセトアルデヒドになりますが、このアセトアルデヒド分解能力の低い人やお酒の種類によってアルコールの種類が違いその違いが悪酔いさせる事もあり日本酒やワインは一般的に悪酔いしやすくウイスキーなどはしにくいとされています。あと時間をかけて飲めばしにくく一気に飲めばアルコールの分解という点で良くないです。
対策としては食事を食べながら飲む事や飲んだお酒の量位の水分を飲む、飲み過ぎない事も重要です。ゴマ油に含まれるセサミンの摂取も大切です。
効くツボは頭のてっぺん中心の百会、手首の内側で手首のシワの真ん中から指三本分下がった内関、左右、乳頭の下で肋骨が交わる部分の期門の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。