なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は腓腹筋痙攣について書きます。腓腹筋はふくらはぎの事で夜間に足がつるとか固くなり痛くなった場合を指します。筋肉の過度な疲労などでたまにつる事などは広い年齢層で多く見らます。頻繁に繰り返す場合はナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどミネラルと呼ばれる物質の不足や血中の水分の不足、内臓疾患が関係しているかも知れません。また睡眠時に起こるものは睡眠中の発汗による脱水や血行が悪くなった筋肉をもとに戻す際に過剰に反応してしまう事も原因となります。
対策としてはミネラル成分入りの飲料の摂食や軽い運動や足関節のストレッチ、タバコやお酒など刺激物の減量、温めて足の血行を、良くするなどです。
効くツボはふくらはぎの一番盛り上がっている真ん中の承筋、膝裏とかかとの中間の承山、足の薬指と小指の骨の付け根の臨泣の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。