受付
時間
平日8:30-12:00/15:30-19:30
土曜8:30-12:30
052-883-2627
「ホームページを見て」とお伝え下さい
WEB予約 メール LINE

栄養について

こんにちは、鍼灸師の加藤正博です。
今回は栄養について書いていきます。
目次

栄養素について

栄養素は、糖質(炭水化物)、脂質(脂肪)、タンパク質、ビタミン、無機質(ミネラル)があります。
糖質、脂質、タンパク質はエネルギー源となり三大栄養素と言われます。
ビタミン、無機質はエネルギー源とはなりませんが、身体機能を維持するためには必要な栄養素となります。
糖質 食生活ではエネルギー摂取量の半分を占める
脂質 エネルギーとして働く、細胞膜の構成要素としても重要
タンパク質 体を構成する様々なタンパク質の原料となる
ビタミン、無機質 身体内の様々な機能をスムーズに働かせるために重要です。
また、生体内で合成できないので食事から摂取する必要がある。

糖質とは

糖質は炭素、酸素、水素からなり炭水化物とも言われます。

糖質の分類

単糖類 グルコース(ブドウ糖)、ガラクトースト、フルクトース(果糖)
二糖類 ショ糖(砂糖の主成分)、乳糖、麦芽糖など
多糖類 デンプン(芋類、穀物の主成分)、グリコーゲン、セルロース(食物繊維の一種) など

糖質の働き

生命活動のエネルギー源となる。
脳を活動させるために必要です。
グルコースは血液中に最も多く、血糖と呼ばれる。
血糖は各細胞に取り込まれて、栄養源となる。

脂質とは

脂質(脂肪)
糖質と同様で、炭素、酸素、水素からなる。
脂質は他の栄養素より高いエネルギーを出す。

脂質の分類

単純脂質 食べ物中の単純脂質はほとんど中性脂肪です。
複合脂質 タンパク質など、他の物質と結合しているもの。糖脂質、リポタンパク、リン脂質などがある。
誘導脂質 脂肪酸、脂溶性ビタミン、ステロイドなどがある。

脂質の働き

貯蔵エネルギーとして重要で、余分なものは皮下脂肪、内臓脂肪となる。
体熱の放散を防いだり、内臓を衝撃などから守る役割を果たす。
細胞膜やステロイドホルモンの前駆物質となる。

タンパク質とは

タンパク質は多数のアミノ酸が結びつくことにより作られる。
このアミノ酸は基本的に20種類あり、必須アミノ酸と非必須アミノ酸とがある。
必須アミノ酸は体内で合成する事ができないので、体外から摂取する必要があります。
例えば、バリン、ロイシン、リジンなどです。

タンパク質の働き

①タンパク質は細胞を構成する主要な成分です。
②物質代謝に必要な酵素やホルモンの材料として重要です。
③筋肉の収縮、免疫、物質の輸送など多様な生体機能に関与してます。

ビタミンとは

ビタミンはエネルギー源にはなりません。
しかし、物質代謝の時や身体の機能を正常に保つためには必須です。
また、体内でほとんど合成する事ができないので不足すると身体に様々な症状がでてきます。
水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンとがあります。
水溶性ビタミンは体内に蓄積されないので、常に一定量を摂る必須があります。
脂溶性ビタミンは脂肪組織に蓄積されやすいので、摂りすぎには注意が必要です。
当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越しください。
地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
野球肩、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の港区、天白区、南区からもたくさんの患者様にお越し頂いてます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

なみよせ鍼灸院の治療スタッフです。それぞれ柔道整復師、はり師、きゅう師などの国家資格を持った有資格者です。

page-top
line-float
目次