なみよせブログ

手の痺れ感に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は手の痺れ感について書きます。腕を上げたりすると痺れ感がでたり突っ張り感がでたりすると頸腕症候群かも知れません。
原因としては変形性頸椎や頸椎椎間板ヘルニアなどの疾患、固くなった筋肉が腕の神経を圧迫している場合があり痺れ感や肩のコリ、腕の関節の動きが狭くなるなどの症状がでたりします。
対策としては痺れ感がでる動きがわかればその動きをしない様にする、温めて血行を良くして筋肉を柔らかくし神経の圧迫を防ぐ、同じ姿勢を長くとらないなどです。
効くツボは腕を水平に上げできたくぼみの肩ぐう、肘を曲げできたシワの終わる所の曲池、曲池から指三本下がった手の三里の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。