なみよせブログ

タコとうおの目について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。

肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の北区、東区、天白区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは!柔道整復師の柘植智行です。今日は、タコとうおの目について書きます。

◎足の裏にタコやうおの目ができることがあります。タコやうおの目は、皮膚の角質が厚く固くなった状態です。
タコは、比較的広範囲にでき痛みは比較的に少なく、うおの目は、中心に芯があり、皮膚の深い部分まで増殖するため痛みがでます。

◎タコ、うおの目の原因は、外的刺激です。足の裏は、唯一地面に接しているため摩擦が繰り返し起きると角質が固くなりタコやうおの目が出来ます。

◎外的刺激の要因として靴や足の変形、歩き方などがあります。

◎タコやうおの目の治療として患部を保護したり削ったりする方法がありますが再発しやすいです。外的刺激を軽減するためには、インソールがあります。

◎外反母趾などで足のアーチがつぶれて本来ならかからないところに体重がかかりタコやうおの目ができます。外反母趾の予防をすることでタコやうおの目の改善になります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)

GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍

国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい。