なみよせブログ

漢方の二十四節気「芒種(ぼうしゅ)」について(21.06)

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
めまい、かすれ目 が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
 
こんにちは。岩瀬 康典です。
 
漢方では、節分を基準に一年を24等分して約15日ごとに分けた「二十四節気」の暦で季節をとらえます。
 
6月6日ごろ
「芒種(ぼうしゅ)」
稲の穂先にあるとげのような「芒(のぎ)」のある穀類の種をまく頃。
 
▼五悪
五臓が衰弱しているときは、それぞれが嫌う気候・自然環境があります。
夏に体が嫌う気候・環境で該当するものは「熱」。
「熱邪」が原因で体に熱がこもりやすくなる。
 
○症状
高熱、口が渇く、頭や顔に熱が上りやすくなる、口内炎、頭痛、目の充血、イライラ、不眠など
 
▼夏の食養生
水を巡らせる食材を摂る。→余分な熱をとり、水分代謝を上げる。
 
[食材]
トマト、なす、きゅうり、冬瓜、西瓜、はと麦
 
 
当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
 
筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
 
また足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、諸アレルギーに効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!