なみよせブログ

音が聞こえ辛い感に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は音が聞こえ辛い感じについて書きます。
近くで会話しているのに不明瞭で聞き取りにくかったり音楽も以前より小さく聞こえる感じがしたら難聴かも知れません。
主にある日突然聞こえ辛くなる突発性難聴や年齢が関係してくる加齢性難聴などがあります。
突発性はウイルスが関連しているとか循環の障害とされる場合があるが原因は不明です。軽度のものから全く音が聞き取れないなど程度も差があり疲れやストレスがある時に発症しやすい様です。加齢性は50代位から発症しやすく音を感じる部分の機能低下です。
対策としては出来るだけ大きな音を避ける、常に音の量は気を付ける、音の少ない場所で過ごす時間を作る、音の大きな場所では耳栓などを使用して耳を保護してやるなどです。
効くツボは後頭部の髪の生え際付近で窪んだ所の風池、耳の前で小耳前方の耳門、頭のてっぺん中央の百会の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。