なみよせブログ

膝の変形痛に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は膝の変形痛について書きます。年をとると膝に水が溜まったり曲がらなくなって痛みを伴う場合がありますか変形性膝関節症かも知れません。
原因としては加齢により骨が脆くなり膝の関節の軟骨がすり減り軟骨の表面が荒れたり、すり減ったカスなどが原因で炎症や変形を起こして痛みを伴う様になります。初期には歩行時に違和感を感じる程度だが中間期になると常に痛みを感じる様になり膝の動きもかなり辛くなってきます。最大に進行すると普通に歩行する事も出来なくなり頻繁に水が溜まり日常生活に支障をきたす様になります。
対策としては偏らない食事を心がけカルシウムを十分とる事や太っている人であれば体重を落とす様にする、ウォーキングなどで膝周りの筋肉を鍛え筋力を落とさない事も重要です。
効くツボは膝関節の左右の窪みの膝眼、膝の皿の内側で上端から指三本上がった血海、膝の皿の外側上端から指三本上がったりょう丘の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。