なみよせブログ

足関節捻挫について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。

肩こり「肩凝り」、腰痛、ぎっくり腰、筋膜リリース、むちうちの治療が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。

名古屋の熱田区以外の北区、中川区、南区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。

こんにちは!柔道整復師の柘植智行です。今日は、足関節捻挫について書きます。

◎多くの人が足関節捻挫を経験していると思いますが捻挫だから大丈夫とか歩けるから問題はないなど捻挫を軽視してしまうケースが多いです。
きちんと治療をしないと関節の緩みができて捻挫しやすくなります。
スポーツのパフォーマンスが低下してしまったり痛みがなかなかとれなかかったりします。

◎足関節捻挫は、靭帯の損傷です。バレーボール、サッカー、バスケットボール、などが多く見られます。

◎足関節の種類

◯内反捻挫

・足関節を内側に捻る。
・多くの捻挫が内反捻挫です。
・外側側副靭帯が多く損傷され特に前距腓靭帯が多い。

◯外反捻挫

・足関節を外側に捻る。
・三角靭帯や脛腓靭帯が多い。

◎捻挫をしたらすぐに治療をしないと痛みの残存や再度の捻挫につながります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)

GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍

国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい。