なみよせブログ

水分が90%なのに栄養価が抜群!旬の水菜の調理法

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
自律神経の乱れ、めまい が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
 
こんにちは。岩瀬 康典です。
 
今日は『医食同源』今が旬の水菜の調理法について紹介します!
 

水菜は、『京菜』とも呼ばれ、江戸時代前期から京都で栽培されていた日本伝統の京野菜の一つ。

「水菜の名の由来は、無肥料で水と土だけで栽培されていたからとも、水分がたっぷりだからとも言われています。今ではハウス栽培も普及して1年中販売されていますが、今の時期は味のよい露地栽培物が出回ります。

京都では『水菜が並び始めると冬本番』と言われ、水菜を入れた鍋を楽しみにするそうです。水菜は鍋物に入れると魚や肉の臭みを消してくれるので、今の時期の鍋物にはぴったりです。

 確かに水分が90%以上ですが、意外にも栄養価が高い野菜です。

 たとえば抗酸化作用があり、美肌効果や免疫力を高める効果があるビタミンCは100gあたり55mg含まれ、これはレモン1/2個分以上にあたります。

 また骨の生成を促したり、体内の余分なナトリウムを排出して血圧の上昇を抑える効果があるカリウムは、野菜でも含有量がトップクラスのニラにひけを取らないほど含まれています。

 さらに、カルシウムも100gあたり210mgと、牛乳の約2倍も含まれていて、野菜では抜群に多いのです。食物繊維やβカロテンも豊富なので、栄養価のバランスがとれたすぐれた緑黄色野菜といえます。

 水菜のビタミンCは水溶性なので、ゆでると流出してしまいます。そこで、鍋物にする場合は、最後にごはんやうどんを入れて、ビタミンCが溶け出したスープと一緒に食べるとよいです。また生食ならビタミンCを逃すことがありませんので、生ならサラダがおすすめです。

 βカロテンは油と合わせると効率よく摂ることができるので、さっと油炒めにしたり、生食ならオリーブオイルやゴマ油などをかけて食べましょう。

豊富なカルシウムを効率よく摂るには、カルシウムを吸収しやすくする効果を持つビタミンDを含むしらすや鮭などの魚類やキノコ類を合わせるようにしてください。

水菜は、今の時期は味が濃く、風味が強い露地栽培物が店頭に並びます。茎がしっかりしていて全体に量感があり、緑色が濃いものを見つけたらそれは露地栽培物かも。美味しい水菜をたっぷり食べて、この冬を乗り切りましょう。

 
当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
 
筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者2名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
 
また足のむくみや疲れ、冷え性に効果的な「リンパ・足裏マッサージ」や「特別時間外診療(60分のマッサージ)」などのマッサージ、諸アレルギーに効果的な「花粉鍼」を実費診療で行っています。
なお特別時間外診療とリンパマッサージは要予約です。
 
交通事故の治療、スマホ老眼、鍼治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!