なみよせブログ

過敏性腸症候群に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は過敏性腸症候群について書きます。大腸になんら疾患がないのに下痢になったり腹痛が起こったり痛みが持続するなどお腹の調子が悪いなどの症状があります。レントゲンや内視鏡など用いても異常が見つかりません。
原因としては精神的なものが大きく不安や精神的プレッシャーがあると脳を発端として自律神経により腸に伝達され運動異常を引きおこします。几帳面な人や真面目な人、すぐにマイナス思考に考える人などに多い様です。アルコールやタバコなどの刺激物の摂取も原因となります。
対策としては規則正しい生活習慣を行う、刺激物の摂取を控える、夜食を止めたり趣味などで常にリラックスする事も重要です。
効くツボは手の親指と人差し指の骨の付け根の合谷、手の甲側で中指と薬指の骨の付け根の下痢点、みぞおちのお臍の真ん中の中かんの指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。