なみよせブログ

排尿痛に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は排尿痛について書きます。排尿時に痛みや違和感を感じる疾患です。下腹部が痛くなるケースや尿道口が痛むケースなどがあり、尿に血液が混じる場合や尿の量が少なく痛みばかり目立つ場合があります。
原因としてはストレスなどによる免疫力の低下で膀胱や尿道に細菌感染する場合や性交渉時に淋菌やクラミジアなどに感染するケースもあり免疫力低下では前立腺や腎臓に負担をかける場合もあります。
対策としては性器のまわりを常に清潔にする、質の良い睡眠や趣味などでリラックスして免疫力を上げる、バランスの良い食事をする、トイレの我慢をしない事などです。
効くツボはお臍から指四本分下がった関元、内くるぶしとアキレス腱との間の窪みの太けい、内側くるぶしから指四本分上がった三陰交の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。