なみよせブログ

鳥目、疲れ目に効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は鳥目について書きます。普通なら明るい所から暗い所に移動すれば徐々に目がなれてきて暗い場所でも見えてきますが鳥目だと見えてきません。視力低下や狭窄を起こす為です。
原因としては網膜異常である先天性の場合や後天性であるビタミンA欠乏症などがあり食生活でのビタミンA欠乏は日本では、ほとんど見られません。ビタミン欠乏は他には免疫力低下や粘膜乾燥などを引きおこします。
対策としてはビタミンの摂取でビタミンAは体内合成されないので食事からとる必要がありウナギやレバーなどで効率的にとる事ができ緑黄色野菜も有効です。
鳥目からなどでの疲れ目に効くツボは目頭内側の晴明、眉毛の内側付け根のさん竹、首の後ろの生え際で太い筋肉の横のくぼみの天柱の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。