なみよせブログ

「血(けつ)」について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
肩こり、腰痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子泰士です。
今日は「血(けつ)」について書きます。
東洋医学において、血は肝に溜められ、心によって全身に送られ、栄養分を供給します。また、肝には血を身体のどこにどれだけ送ればいいか、配分を決めるはたらきがあります。肝に貯蔵された血が足りないと全身に栄養を運べなくなります。
肝の血が不足すると、めまいや立ちくらみがあったり、爪が変形したり、目が乾きやすくなるといった症状が出ます。女性では、月経困難症が起こることが多く、月経の出血量が少なく、色が薄くなります。
また、心の血の不足は、心身の疲労感や不整脈、健忘や不眠などの原因となります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は
〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース (グラストンテクニック)
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
筋膜リリース、交通事故後の治療、スマホ老眼、鍼治療の相談なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。