なみよせブログ

喉の痛みに効くツボについて

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。

今日は喉の痛みについて書きます。冬場で体調を崩した時など喉が痛くなる時がありますよね。痛みもいろいろあり大声をだし過ぎたり刺激物を多く食べたりした時も痛くなったりします。また冬場などではウイルス、細菌の類いにより痛くなる場合があり喉の粘膜乾燥が原因となります。乾燥するとウイルスなどを体から守る力が弱くなりウイルスの侵入を許ししまいます。そうすると粘膜が過剰に反応してしまって痛みや発赤などの症状がでます。
対策としては食事は辛いものや刺激物を避ける、加湿器で喉の粘膜を保湿してやる、タバコやアルコールは控えるなどです。また、こまめにうがいをして喉の粘膜を清潔にする事も大切です。
効くツボは左右の鎖骨の真ん中の窪みの天突、肘の内側の尺沢、手の親指と人差し指の付け根付近の合谷の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。