なみよせブログ

喉の痛みの鍼灸について

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は喉の痛みについて書きます。寒くなると風邪がらみとかで痛くなってきますよね。喉の筋肉、粘膜が炎症を起こすと神経が刺激されて痛みとして感じる様になります。扁桃腺が腫れた扁桃炎や粘膜が腫れる咽頭炎などが喉の痛みの原因となり風邪やウィルスが関係してきます。アルコールやタバコ、粉塵などの刺激物でもきっかけになります。
対策としては食事は刺激物は避けエアコンなどの使用での空気の乾燥を少なくする、体を十分に休めてウィルスに対して抵抗力をつけるなどです。
効くツボは手の親指と人差し指の付け根で人差し指寄りの合谷、左右鎖骨を結んだ窪みの天突、肘を曲げると出来るシワで浮き出る腱の外側の尺沢の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。