なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は低血糖について書きます。血糖値が必要量以下の値になっている場合をいい外的要因、身体の異常により起こります。低血糖の影響が大きいのはグルコースを利用してエネルギーを作る代謝において糖分しか使う事のできない脳の影響が大きく痙攣や意識障害が血糖値50mg/dl以下で起きる様になります。きっかけはインスリン投与や血糖降下薬投与などです。症状は空腹感や動悸、冷や汗や震えがでる様になります。
対策としては激しい運動時後には飴やクッキーなど糖分が多めの物を食べる、空腹時の運動や度が過ぎた食事制限などは控えます。コーラはブドウ糖が含まれ効果的の様です。
効くツボは手の甲の小指側で小指面を手首の方に下がると骨の窪みがあり窪みと手首間の腕骨、手のひらの中央の労宮、足裏で土踏まず上方の窪みの湧泉の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。