なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は近視について書きます。目の前にある近いものは良く見え、目から遠くにあるものは見えにくくなる症状の事です。
ものを見るという事は網膜に像を映す過程で角膜と水晶体という所で光を屈折させまピント合わせの為に水晶体を毛様体で厚さを虹彩で光量を調整しますが多々の原因で網膜の手前でピントが合ってしまう事が近視です。
原因としてはテレビやパソコンなどを近くで見すぎる事です。毛様体を緩め水晶体を厚くしてピントを合わせる様にしますが長く続くと近視のきっかけとなります。また成長期に眼球自体が急に成長すると水晶体から網膜の距離が伸びる事も原因となります。
対策としてはパソコンやスマホの長時間の使用を控えます。パソコン作業は一時間おきに景色を見る様にします。目の周りを温ためるのも効果的です。
効くツボは眉頭の窪んだ所のさん竹、目尻の外側の瞳子りょう、手のひらの中央の労宮の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。