なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日はマウス腱鞘炎について書きます。
長時間パソコンでマウスを使用していると肩コリや手部の痛みなど起こりますよね。その中でも手首に痛みが出るものがマウス腱鞘炎です。骨と筋肉をつなぐ腱を囲み腱を滑らかに動作させる滑車の働きをするものが腱鞘です。マウスを長時間使用すると親指部を広げたり伸ばしたりの動きをします。その働きをする腱が手首にある腱鞘に炎症をきたし痛みを発生させます。
対策としてはマウスの使い方を正しい姿勢に直す事で、出来るだけマウスを体幹に近い所で使用する事。腕や肩部も負担がかからなくなります。またパソコンを使用する前に手首のストレッチをする事や痛くなったら患部を冷却するのも有効です。
効くツボは手の表側で手首真ん中から指三本分上がった外関、手の裏側、手首の真ん中の大陵、親指と人差し指の付け根で人差し指寄りの合谷の鍼灸、指圧はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。