なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は、ものもらいについて書きます。いろいろな呼ばれ方があり、めばちやめんぼとか呼ばれる場合があります。
瞼の一部が腫れて赤くなります。瞼の裏側が晴れ炎症を起こし酷くなると膿を伴う事もあります。
原因として目をこすったり付近を触ったりすると雑菌により感染して炎症します。雑菌は黄色ブドウ球菌など普段どこにでもある雑菌がほとんどです。他人への感染はありません。
対策としては目の周りを清潔に保ち雑菌を寄せ付けない事、コンタクトレンズを使用している人はレンズを清潔にする、刺激の強い食品は避けます唐辛子やニンニクなどは炎症を助長させます。睡眠をしっかりとり体の抵抗力を上げる事も効果的です。
効くツボは手の人差し指の親指側で指の付け根の上窪んだ所の二間、手の親指と人差し指の付け根の間の合谷、肘を曲げた時にできるシワの先の曲池の指圧、鍼灸はいいですよ。

スマホ老眼でお悩みの方、鍼治療も効果あります。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。