なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は膝の水について書きます。高齢の女性で膝の内側あたりが腫れている人がいますが滑液という液が大量に産出された状態の事をいい変形性膝関節症から伴う場合が多いです。
骨が弱くなって膝が長年の負担により膝部分の軟骨が直接接触する様になると炎症などが起こる様になり滑液を産出する事により炎症などから膝を守ります。
水を抜くと水が溜まる事がクセになるので抜かない人もいますがクセになる事はなくて、むしろ抜いた方が楽になります。
対策は基本的に変形性膝関節症が直接的な原因になりますから、これを防ぐ意味で肥満気味な人はダイエットしたり負荷トレーニングなどで大腿部の筋肉増強をはかる事や骨粗鬆症で変形に至る場合も多くカルシウムの多く含む食事や日光により紫外線に当たって骨を強くする事も有効です。
効くツボは膝裏の真ん中の委中、膝の皿部分の下側の内側の窪みの内膝眼、外側の窪みの外膝眼の指圧や鍼灸はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。