なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は鼻づまりについて書きます。鼻腔という所の空気の流れが悪化する症状で鼻腔の流れが悪化する原因はいろいろあります。
風邪などを引いた時は副鼻腔炎による鼻腔の腫れが起こります。ウイルス感染により鼻粘膜は細菌感染しやすくなり濃い色の鼻水となり鼻づまりになります。鼻炎による鼻づまりは水ばな状で粘膜が腫れる事により鼻づまり状態になります。鼻の構造そのものにより鼻づまりが起きる場合もある様です。
対策としては空気の加湿による鼻の機能回復や鼻の周辺を温めて血行をよくする。蒸したタオルなどを顔にのせるといいです。首の後ろを温めるのも効果的です。
効くツボは小鼻の左右の膨らみ部の脇の迎香、鼻の付け根の両方の脇の睛明、首の後ろにある左右太い筋肉の外側の髪の生え際にある風池の指圧、鍼灸は効果的です。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。