なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日はジャンパー膝について書きます。
ランニング動作やジャンプを伴う運動をしている若年層のスポーツ選手に多い膝の障害です。大腿四頭筋腱炎、膝蓋筋炎とも呼ばれます。
症状は膝の前面の痛みが主な痛みで最初は運動時の痛みだけですが進行すると安静時にも痛みがでます。
原因はジャンプやランニングなどで酷使すると膝のお皿と脛骨をつなぐ膝蓋腱に強い力が加わる為に炎症が起きる事によります。
対策は運動したら安静にして冷やしたりや大腿四頭筋を伸ばすストレッチ、膝周りの筋肉や腱を鍛えて強化する事です。
効くツボは膝痛全般的に膝の皿の上端から親指二本上の梁丘、その内側の血海の鍼灸や大腿部前面の指圧もいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。