なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は変形性股関節症について書きます。
様々な原因により股関節の造りが破綻している状態をいい徐々に変形状態が進んで行く病気です。関節部の骨や軟骨などが磨り減っていきます。
原因は主に先天性股関節脱臼や関節リウマチや発育上での股関節の形成不全などの疾患が原因となる場合が多い様です。
症状は歩行が痛みなどにより、ぎこちなく困難になったり股関節が動く範囲も少なくなります。また靴下が履けなくなったり足が伸びない状態になります。
対策は慢性的なものは温めて血行を良くしたり体重を減らす事も重要です。
効くツボは足を深く曲げた時にできる付け根のシワができる所の外側の環跳、足の甲側で親指の骨と二番目の骨の付け根にある太衝の鍼灸、指圧はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。