なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は眼臉けいれんについて書きます。
まぶたを閉じる眼輪筋という筋肉が持続的に繰り返し収縮する疾患です。比較的に女性に多く年齢的には40代から70代の年齢層に多い様です。
始めはまぶたのピクピク感からで、それから不快感が増していって、まばたきの回数が増えていきます。進行具合では目を開ける事も困難になりドライアイの併発もある様です。
原因は様々でストレス、服用している薬とか外傷、感染症も関係がある様です。
対策としては目の周りのマッサージとか温める事や目薬を使って目の筋肉をほぐす事も有効です。
効くツボはこめかみ部分にある窪みの太陽、目頭の左右の窪みで鼻の付け根の晴明、首の後ろの生え際で耳と首の骨の真ん中窪みにある風池の鍼灸、指圧はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。