なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは加藤佳樹です。
今日は気管支喘息について書きます。喘息はいろいろ種類がありますが気管支喘息は空気の通り道の役割の気道に炎症細胞が集まるアレルギー性の疾患です。
症状は主に息をはく時にゼーゼー、ヒューヒューと音が鳴る症状をみせ酷くなると仰向けでの呼吸が苦しくなり座って呼吸するのが楽になってきます。
原因はアレルギー性の場合は花粉やカビ、ペットの毛や室内の塵などが抗原となりアレルギー症状を誘発します。気管支喘息はそれらが原因で気道の狭窄を生じて呼吸困難、咳、喘鳴などを引き起こします。
対策は部屋の掃除をまめにするなどアレルゲンの除去につとめます。アルコールやタバコなど刺激物は避け十分な休養をとる様にします。
効くツボは左右の鎖骨の真ん中の窪みの天突、鎖骨の下、第二肋骨の外側と肩関節の間の窪みにある中府、首の付け根の真ん中で頚椎の一番下あたりの大椎の指圧、鍼灸はいいですよ。

当院の経絡治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し、精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。

筋膜リリース(グラストンテクニック
GTJグラストンテクニックジャパン認定者3名在籍
国内でもグラストンテクニックを受けられる数少ない治療院です。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。