なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は動悸について書きます。動悸とは自然に自覚できる位、心臓がドキドキする状態の事です。手のひらを心臓の位置に当てて直接拍動を感じとる以外は基本的にドキドキ感を感じる事はないです。
動悸を自覚するのは頻脈、除脈の時で心拍数が通常より速い状態を頻脈、遅いのを除脈といいます。
原因は基本的に多いものはストレスの蓄積による自律神経の乱れです。自律神経の乱れは筋肉の緊張、血圧上昇、動脈硬化などを引き起こし動悸に至る洞頻脈の症状をつくります。あとバセドウ病、うつ病、心臓疾患などが持病の人も多い様です。予防としてストレス発散、趣味によるリラックス、持病持ちの方は治療に専念しましょう。飲酒、カフェインも原因となるので過剰摂取は止めます。
効くツボは手首の裏側の中央から指三本分の内関、左右の乳頭を結んだ線の真ん中のだん中、手首と肘の中間のげき門の指圧、鍼灸は効きます。

当院の経路治療、鍼灸治療は〜幸せホルモン〜多幸感を与えてくれるオキシトシンの分泌を促し精神安定物質であるセロトニンの分泌を促進させます。
交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。