なみよせブログ

名古屋で腱鞘炎、ばね指の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。坐骨神経痛、寝違いの治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。名古屋市熱田区以外の北区、中村区、西区からもたくさんの患者様にお越し頂いています。

こんにちは。加藤佳樹です。今日は狭心症について書きます。狭心症とは心臓に栄養を送る冠動脈が狭くなり血流が悪くなって心臓の筋肉に酸素不足が生じ圧迫感や胸の痛みを感じます。これらの症状がしばらく続く事をいいます。冠動脈が狭くなる原因は主に動脈硬化です。症状は心臓に急に負荷がかかった場合突然、胸が凄く痛くなる。吐き気、呼吸困難、冷や汗などです。予防は動脈硬化の進行を抑える事が基本になります。喫煙、高血圧、肥満、糖尿病などが原因となるので、これらの病気、生活習慣を改善していく事が予防の一歩となります。効くツボは左右の乳頭を結んだ線の真ん中の壇中、中指の先の爪の横の中衝、耳たぶの後ろにある骨のさらに後ろの完骨、手首内面の横シワの中央の大陵の指圧、鍼は効きます。

交通事故の治療ならなみよせ鍼灸接骨院へ。

img_0362