なみよせブログ

名古屋で 自律神経の乱れ、肩こり なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。
脱毛症、部分やせ が得意な名古屋熱田区 のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、天白区、守山区からもたくさんの患者様にお越し頂い てます。
こんにちは。岩瀬 康典です。

今日もアドラー心理学のまとめ、最後のキーワード「共同体感覚」の紹介です。

組織・共同体(コミュニティ)は
①共同体組織(ゲマインシャフト)
②機能体組織(ゲゼルシャフト)
の2つに分けられます。
共同体組織は「人間関係の豊かさ」を求め、機能体組織は「物質的な利潤・利益」を求めます。
アドラーはこの「共同体組織」に関連する概念として「共同体感覚」を培うことを目指し、人間関係の中にこそ、幸福の秘密があると考えました。
特定の共同体に奉仕させるという意味ではなく、各人が属する学校や会社、地域などの共同体において、あるいは世界において、自分も人も大切にし、もちつもたれつの「お互い様」の感覚の生き方のことを指します。
アドラーは共同体感覚を
「social interest=社会的関心」と英訳しました。
①勇気をもつこと
②自分で決めること
③責任を持つこと
④協力すること
⑤人を大切にすること
⑥人の役に立つことなどを通して幸せを築くこと
これら個人の自立や責任をきっぱり求める一方、共同体との関わりもしっかり求めるバランスの良さがアドラー心理学にはあります。

アドラーの提唱した社会的関心=人に対する思いやりの感覚を持ち、少しだけ勇気を出すことで、今まで悩んでいたことがスッキリ解決して、皆さん自身にも幸福がやってくるかも知れませんよ?

当院では足のむくみや疲れに効果的な「リンパマッサージ」や「足裏マッサージ」などのマッサージを実費診療(時間外要予約)で行っています。脚のむくみも疲れもスッキリさせて気持ち良く過ごしましょう!

交通事故の治療なら、ぜひなみよせ鍼灸接骨院までお越し下さい!

image