なみよせブログ

名古屋で腰痛、膝痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。腰痛、膝痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の東区、千種区、瑞穂区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「鍼」について書きます。
鍼のなかには、刺したままにする鍼があります。
ごく短い鍼を斜めに刺す皮内鍼や画鋲型の鍼を刺す円皮鍼がこれにあたります。これらは鍼の上から絆創膏などで固定し、2~3日刺したままにして、持続的な刺激を与える治療法です。皮内鍼の太さは0.12~0.16mm、円皮鍼の太さは0.2mmほどで、非常に細く、刺したままでも違和感や痛みはほぼありません。また、ローラー鍼や銀杏鍼など皮膚に接触させるだけの鍼もあります。鍼を刺さずに経穴(ツボ)や経絡を撫でたり、こすったりして刺激を与えるもので、主に小児鍼として使われます。
その他にも、症状や治療目的によって様々な鍼が用いられます。

交通事故後の治療なら、なみよせ鍼灸接骨院へ。

image