なみよせブログ

名古屋で膝痛、坐骨神経痛の治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。膝痛、坐骨神経痛、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の緑区、港区、名東区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日も前回に続いて「陰陽論」について書きます。
陰陽の対立と統一の観点では、人体を有機的な統一体としてみることができます。臓腑で言えば、肝・心・脾・肺・腎の五臓は陰で、胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦の六腑は陽なります。「気の思想」からみれば、食物が消化されてすぐ作り出される気は陽の気で、衛気(えき)と呼ばれ、外邪に対する防御などを行います。食物が十分に消化されて産生される気は陰の気で、営気と呼ばれ、身体の栄養や運動のエネルギーなどになります。

image