なみよせブログ

名古屋でぎっくり腰、寝違えの治療なら

地下鉄名城線、金山総合駅より徒歩5分。ぎっくり腰、寝違え、花粉症の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外のあま市、稲沢市、知多市からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は前回に続いて「陰陽論」について書きます。
陰陽の対立と制約、相互依存は静止した状態でではなく、つねに運動変化した状態で存在しています。つまり、絶えず変化しながら相対的に平衡を維持しています。例えば、夏至と真昼は陽が極まり、冬至と夜中は陰が極まります。相互に絶えず変化しながらも一年や一日を通してみると平衡が保たれているのがわかります。

先日、家で若竹煮を食べました。陽気も胃袋も春本番ですね。

image