なみよせブログ

今日は千円札の日。熱田区で頭痛、肩こりの治療なら

地下鉄名城線、金山駅より徒歩5分。五十肩、坐骨神経痛の治療が得意な名古屋市熱田区のなみよせ鍼灸接骨院です。
名古屋の熱田区以外の南区、港区、中川区からもたくさんの患者さんにお越し頂いています。

こんにちは、金子 泰士です。
今日は「五臓六腑」について書きます。東洋医学では人体の臓器やそのはたらきを五臓(心・肺・脾・肝・腎)と六腑(小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦)で表現します。六腑は主に飲食物から栄養分を取り出し、不要物を排泄する役割があります。そして、その栄養分や大気から取り込んだ「気」をもとに五臓が人体の大事な構成要素である気・血・津液・精をつくり、貯蔵します。五臓と六腑は密接に関連しバランスをとっていて、心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱は各々互いに対になっており、どちらかが不調をきたすともう片方に異常がおきやすくなります。正月休みで不摂生、不規則な生活になりがちですが、仕事や学校が始まってすぐ調子を崩さないためにも、体調管理には気をつけたいですね。

我が家も元日に熱田神宮へ初詣にいきましたが、相変わらずの混雑でした。後厄も終わり、福が舞い込むことを期待したいですね。

201601011604

201601011604